ダクタイルで熱々バーニャカウダ

今回はダクタイルパンシリーズダッチオーブンの蓋を活用して作れるレシピです。
(写真はスキレットですが現在発売しておりません)

小春日和の十良澤シェフ監修の熱々バーニャカウダをご紹介いたします。

熱々のまま食卓に出し、野菜などお好みの食材をディップして食べてください。冷めてもおいしいですよ。

バーニャカウダの材料(約5人前)

・ニンニク:60g

・アンチョビ:45g

・オリーブオイル:120g

・牛乳: 適量

バーニャカウダの作り方

1 ニンニクの皮を剥き、縦半分に切って芽を取る。

2 鍋に1、ニンニクがかぶるくらいの牛乳を入れ弱火にかける。

*噴きこぼれることがあるので注意してください。

3  ニンニクが手で潰せるくらい柔らかくなったら取り出し、アンチョビと一緒に包丁で細かく刻む。

4 さらに包丁の腹でする潰すようにしてペーストにする。

5 4とオリーブオイルをダクタイルパンに入れ、火にかける。泡立て器でしっかり混ぜ合わせる。

6 好みの野菜をカットする。今回はダッチオーブンの蓋で野菜を焼いています。
*茹でたり焼いたりした野菜、魚や肉などでも美味しいです。

7 火傷に注意し食卓へ並べ、野菜を添えて完成です。

 

<ポイント>

3番です。細かすぎても食材に乗らないので注意してください。また、オリーブオイルの量が多すぎるとアンチョビとニンニクのペーストをすくえないのでここもポイントです。

ぜひ、おいしいバーニャカウダを作ってみてください♪

 

レシピ考案
小春日和 オーナーシェフ 十良澤 健二氏
岩手県葛巻町生まれ。北日本ハイテクニカルクッキングカレッジ卒業後、「ステーキ・鉄板料理和かな」に勤務。シェフとして約15年の経験を積み、2018年3月に北上市に「小春日和」をオープン。その時々の仕入れ状況に合わせてメニューを考察、シェフオリジナルのひらめきから生まれるひと皿で、美味しいおもてなしを目指している。

おすすめ